そこが知りたい!仮想通貨マガジン

ビットコイン最大の謎 サトシ・ナカモトは誰なのか?

2018.7.6
仮想通貨ビットコインの創始者サトシ・ナカモトは誰なのか?
仮想通貨ビットコインの創始者サトシ・ナカモトとは誰なのか?

ビットコインは一体、誰が創ったものなのか?

 

その正体は長い間、謎に包またままでした。

 

ビットコイン創始者であるサトシ・ナカモト

 

今回はその正体に迫ります。

 

ビットコイン最大の謎
創始者サトシ・ナカモトとは

 

サトシ・ナカモトの正体を知るために、まずはビットコインの歴史を紐解く必要があります。

 

仮想通貨ビットコインの創始者サトシ・ナカモトが書いた論文

(2008年実際に投稿された論文

2008年11月—metzdowd.com というサイトに、ある論文が投稿されました。

 

論文のタイトルは

 

「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System

(ビットコイン:ピア・ツー・ピア電子キャッシュシステム)」。

 

のちに世界経済に革命を起こすことになる、仮想通貨・ビットコインの始まりです。

 

そしてこの著者こそが、サトシ・ナカモトなのです。

 

ビットコインの最小単位「satoshi」はサトシ・ナカモト氏の名前から名付けられました。(1satoshi = 0.00000001BTCに相当)

 

サトシ・ナカモトは日本人?正体に飛び交う疑惑

 

実は、サトシ・ナカモトの正体については、今まで様々な憶測が飛び交っていました。

 

少なくとも論文から、以下のような人物であることが推察されます。

 

仮想通貨ビットコインの創始者サトシ・ナカモト像

 

サトシ・ナカモトとは一体・・・
 

「本当に実在する人物なのか?」

「名前の通り日本人なのか?」

「どこの国に住んでいるのか?」

 

では、実際にその正体を暴いていきましょう。

 

サトシ・ナカモトの正体判明!?・・・目撃情報も


これまでメディアは様々な人物をサトシ・ナカモトなのではないかと取り上げてきました。

サトシ・ナカモトという日本名から、ある日本人に白羽の矢が立ちます。

 

正体1:サトシ・ナカモトは京大教授?

 

一人目は、京都大学の教授である望月 新一氏です。

30年以上誰にも解かれることのなかった、数学界の超難問「ABC予想」を証明した天才数学者です。

 

アメリカの名門大学であるプリンストン大学を飛び級して卒業する程の頭脳の持ち主で、ブロックチェーン技術を開発したサトシ・ナカモトとの予想が出るのも頷けますね。

 

しかし、本人はこの疑惑に対して否定しています。

 

またサトシ・ナカモトの名前から、カリフォルニア在住の日系アメリカ人ドリアン・サトシ・ナカモト氏も指摘されていましたが、こちらも本人が完全否定しています。

 

サトシ・ナカモトは日本人ではないのでしょうか?

 

2016年、自分がサトシ・ナカモトであると発表した人物がいます。

 

正体2:サトシ・ナカモトはオーストラリア人?

仮想通貨ビットコインの創始者サトシ・ナカモトはオーストラリア人だった?

その人物とは、オーストラリア人投資家のクレイグ・スティーヴン・ライト氏です

 

2016年、氏は自ら自分がサトシ・ナカモトであると発表しました。

 

BBC、Economist、GQなどに取り上げられ、初期の開発者しか持ち得ない暗号鍵を使ってメッセージに電子署名をするという実演をするなど、ほぼ確実にライト氏がサトシ・ナカモトであると言われていました。

 

ところが、報道直後からさまざまな疑問の声が上がり始めると、ライト氏は一転してメディアからの誹謗中傷を理由に自身のブログに「I’m sorry」と題した文章を掲載し、一切の説明を拒否してしまいました。

(ブログは現在閲覧できなくなっています。)

 

 

<ライト氏のブログに掲載された文章>

仮想通貨ビットコインの創始者サトシ・ナカモトはクレイグ・スティーヴン・ライト氏?

画像: RUSSELL WERGESより

 

 

このまま、サトシ・ナカモトの真相は闇の中に消えてしまうのか・・・

 

暗礁に乗り上げるかと思われたサトシ・ナカモトの正体ですが、

2018年、日本の“ある人物”から重要証言が出てきます。

 


SBI社長、サトシ・ナカモトと言葉を交わす

 

衝撃の発言は、

“2018年3月期第2四半期 SBIホールディングス(株)決算説明会”

1:29:20の部分です。

 

北尾社長「ビットコイン発明者であるサトシ・ナカモトと話をしてきた」

 

動画を見ると、SBIの仮想通貨取引所「SBIバーチャル・カレンシーズ」のセキュリティについて相談した、ということのようです。

 

確かに相談するにはこれ以上ない相手ですが・・・本当なのでしょうか??

 

ついにアメリカ政府が捜査に身を乗り出した

 

なんと、米国土安全保障省(DHS)と米国家安全保障局(NSA)が、すでにサトシ・ナカモトを特定しているという話が出ています。

 

NSAが使ったのは「Stylometory(スタイロメトリー)」と呼ばれる技術で、電子メールや論文などの文語の特徴から本人を特定する技術です。

 

サトシ・ナカモトは多数の電子メールやコメントを残しています。

それらの文体の特徴を大規模な監視プログラムで分析し、たった1か月で割り出したと言われています。

 

この情報の発信元は米国ウェブメディアに寄稿している米国人起業家といわれており、

現段階では事実であるかどうかはわかっていません。

 

結局、サトシ・ナカモトは一体誰なのか?

 

ビットコインの創設者について調べてきましたが、大手メディアも様々な情報に翻弄され、未だ本人を特定できる確実な情報はありません。

 

開発者とさえ、メールでのみやり取りしていたと言われるサトシ・ナカモト氏。メールの中でも一切プライベートな質問には答えなかったと言われています。

 

最近では、サトシ・ナカモトはAIなのでは?などという話も取り上げられているくらいです。

 

ビットコインの伝説はこれからも続く

 

正体不明の天才開発者サトシ・ナカモト。

 

サトシ・ナカモトによって考え出されたビットコインは、大きく世界経済を変えようとしています。

 

増え続けるビットコインユーザー、2024年には2億人に

 

利用ユーザー数は増え続け、ロシアのニュース専門局ロシアトゥデイによれば2024年までに2億人に達するという予測も出ています。

 

2017年のイギリスのケンブリッジ大学の研究グループが報告した内容では、ユーザー数を290万人〜580万人の間であると概算*していますから、短期間で最大68倍まで増えるという予測が立ちます。

 

*…ビットコインウォレットの研究発表時点でのユーザ数

 

 

<ビットコインユーザーは2024年までに2億人に>

 

仮想通貨の創始者サトシ・ナカモト。ビットコインユーザは増え続ける

 

ビットコインの勢いはまだまだ止まらない

 

爆発的な勢いで増えるビットコインユーザー。

ビットコイン・仮想通貨の普及は驚くべきスピードで進んでいくことが予想されますね。

仮想通貨の投資には
やっぱり情報が大切
LINE@には仮想通貨投資に
役立つ情報がいっぱい

ようこそ
MURA公式LINEアカウントへ

LINE@では今後の価格予想や、気になるICO銘柄、 最新の仮想通貨ニュースを随時配信しています。
PCよりこのページをご覧の方は
下記のQRコードよりLINE@にご登録ください。
※本サービスはLINEの使用(スマートフォン版のみ対応)が必須です。LINE@の解除はいつでも簡単に行っていただけますのでご安心ください。大倉クリプトゼミナールという名前で追加されます。

メールでも情報を受け取れます

※必須お名前(苗字のみ)
※必須メールアドレス
  • ※メルマガの解除は、いつでも簡単に行っていただけますのでご安心ください。
  • ※登録された情報はプライバシーポリシーに従って厳重に保護されます。

関連記事はこちら