そこが知りたい!仮想通貨マガジン

イーサリアムどこまで上がる?(2018年8月版)

2018.8.17
2018年 8月版 イーサアリアムどこまで上がる? 今後の価格を大予想!

ビットコインに続く主要な通貨である”イーサリアム”。

 

そのイーサリアムの価格がどこまで上がるか気になりませんか?

 

開発プラットフォームとして機能するイーサリアムには価格上昇を促すプロジェクトが準備されているんです。

 

※価格予想中に出てくる現在とは2018年初旬のことを指します。

2018年8月10日現在:1ETH=40,000円で換算しています。

 

イーサリアムとは? イーサリアムの現状は?

イーサリアムの特徴は何といっても「スマートコントラクト」です。

 

スマートコントラクトはトークンの取引だけでなく、契約内容もブロックチェーンに記録しようといったものです。

 

このスーマートコントラクトが注目を集め、イーサリアムのプラットフォーム上で機能するERC20トークンも増えてきています。

 

そして現在はアップグレードの代3段階である「Metropolis」の段階にあり、承認方法がPoWからPoSに移行する第4段階「Serenity」のリリースを控えています。

 

イーサリアムの今後の展望

イーサリアムはスケーラビリティ問題、GAS問題などの課題も残っています。

 

しかし、開発チームの充実しているイーサリアムはこれらの課題を解決する策を持っています。

 

イーサリアムはこれらの課題を解決するための変遷を迎えると、どう価格は動いていくのでしょう。

 

また、イーサリアムはビットコインを超える通貨となるのでしょうか。

 

専門家の予想と今後の価格上昇のための課題改善策とともに見ていきましょう。


イーサリアムの価格予想3選

数あるイーサリアムの価格予想から、厳選して3つの価格予想を根拠と共に紹介します。

 

予測① 2018年末に13万円まで上昇

 

 

Craig Cobb(クレイグ・コブ)氏は2018年末に1,200ドル(約130,000円)まで昇ると予想しています。

 

グレイグ氏は現在、仮想通貨トレードを分かりやすく教える塾Cobb.comの経営者をしています。

元々はトレーダーでした。

 

グレイグ氏はイーサリアムの誇大な宣伝は価格を下落させてしまうかもしれないが、イーサリアムの「Casper」とデベロッパーを高く評価し、直近では価格は下がるが2018年末には上昇すると述べています。

 

グレイグ氏は2018年8月1日に360ドルになると予測して、現在の下落傾向の予想を的中させています。

 

2018年内に予定されている「Casper」の実装が価格上昇へと導くと考えられているように思われます。

 

「Casper」実装が実現すれば、2~8秒でブロックを生成することが可能になります。

 

予測② 2018年末に27万円、2019年末に154万円、2020年末には341万円に上昇

 

 

イーサリアムの共同開発者であるSteven Nerayoff(スティーブン・ニラヨフ)氏は2018年末に2,500ドル(約27万円)、2019年末に14,000ドル(154万円)、2020年末には31,000ドル(341万円)に上昇すると予測しています。

 

スティーブン氏はイーサリアムを高く評価し、2018年にイーサリアムがビットコインを追い越すとも発言しています。

 

この評価にはイーサリアムの新規プロジェクト数の多さを理由としています。

イーサリアムのプロジェクト数は前年と比べると10プロジェクトほど多くなっています。

 

これに加えて、イーサリアム上のアプリケーションの増加、企業がイーサリアムの分散型アプリケーションの採用が増えていくことや、スマートコントラクトの需要が高まることもこの予測の根拠として挙げています。

 

スティーブン氏はイーサリアムのスマートコントラクトや開発プラットフォームとしてイーサリアム上でよりプロジェクトが促進されていることに期待しているように思われます。

 

予測③ 2018年末に6万円まで上昇

 

 

Fred Schebesta(フレッド・シエベスタ)氏はこれらの予測とは異なり、2018年末に550ドル(約6万円)と控えめな上昇を予測しています。

 

フレッド氏は仮想通貨予測サイトfinder.comの共同開発者の一人です。

彼は受賞歴のある起業家であり、著者、メンター、国際講演もしています。

 

フレッド氏はイーサリアムと同じようなものを作るときは、イーサリアムのプラットフォーム外で作る方が良いと考えています。

しかし、それでもイーサリアム上のプラットフォームでの開発に信頼感があるので、さらに多くのコインがイーサリアム上でローンチされると予想しているため、このような予想になりました。

 

 

これらは予測の一部にすぎませんが、多くの予想家が価格の上昇を予想しています。

 

イーサリアムの価格上昇を支える根拠にはどのようなものがあるのでしょうか。

また、価格上昇のために改善しなけらばならない課題にはどのようなものがあるのでしょう。

 

イーサリアムの改善すべき課題「GASの高騰」

イーサリアムの取引手数料のことを意味するGASの高騰がイーサリアムユーザーに影響を与えていることが問題になってきています。

イーサリアムのGASはトランザクションの増加に伴って価格が高騰します。

 

イーサリアムの利用者が増え、トランザクションが増加している事が大きな原因です。

 

イーサリアムの手数料が送金料に占める割合が大きくなると、ユーザーが離れていってしまうことが考えられます。

 

今後もユーザーを増やし続けることが大いに考えられるイーサリアムですので、この課題の解決は必須です。

 

ETHの価格上昇を支える根拠

イーサリアムにはGASの問題以外にも、すべての仮想通貨が抱える問題であるスケーラビリティ問題などもあります。

 

イーサリアムはこれらの問題を解決する術を準備しています。

 

これは価格上昇を支える要因となるでしょう。

 

では、イーサリアムの価格上昇を支える解決策にはどのようなものがあるのでしょう。

 

ETHの「Casper」

CasperとはイーサリアムがPoWからPoSを承認方法としてシステムに移行することを言います。

 

51%攻撃、電力消費問題などを抱えるPoWを採用していたイーサリアムですが、この問題を解決するために、第4段階「Serenity」へ移行する際にPoWからPoSへ承認方法を移行することが決まっています。

 

計算による仕事量をブロック生成の承認に用いてきたPoWとは異なり、PoSは保有量によってブロックの承認のしやすさが決まります。

 

このPoSへ移行しCasperを実装することで、マイニングを必要としなくなります。

 

そしてこのCasperの特徴がPoSの欠点であるNothing at Stakeを解決する事です。

 

Nothing at StakeとはPoS特有の問題で、保有量さえあればブロックを生成できてしまうため、リスク、コストなく不正ブロックを生成できてしまうということです。

 

Casperは不正ブロックを生成するルール違反が起きた時に、マイニング報酬よりも高いペナルティを課すというルールを搭載し、これによりセキュリティインセンティブを高めるというものです。

 

これで、PoSの欠点も解決する効率的でセキュリティの滝システムの実現を可能にしています。

 

オフチェーンの実装

スケーラビリティ問題、GASの高騰問題、トランザクションのスピード問題を解決する技術としてイーサリアムのみならず仮想通貨全体で注目されている技術がオフチェーンです。

 

オフチェーンとは、一本のみのブロックチェーンに記録するのではなく、サブとしてメインチェーン以外にも複数のチェーンを用意し記録するというものです。

 

これにより、メインチェーンのブロックで起きていたトランザクションの承認の渋滞が緩和され、上記の問題を解決することが出来ます。

 

イーサリアムのオフチェーンでは、Plasma、ライデンネットワーク、リクイディティネットワークなどが構想として挙げられています。

 

これらのオフチェーンにはシステム上の若干の違いはありますが、どのオフチェーン技術が実装されても価格上昇に影響を与えるのは間違いないでしょう。

 

オフチェーンでイーサリアムの何が変わる?

ビットコインもライトニングネットワークがオフチェーンとして実装されることが予定されています。

 

イーサリアムのオフチェーン実装が進めば、メインチェーンにかかるトランザクション処理の負担を軽減することが出来るので、スケーラビリティ問題を直接的に解決することが出来ます。

 

これと同じ仕組みでGASの価格上昇も抑えることが出来ます。

 

まら、イーサリアムのオフチェーン実装に倣ってERC20トークンもオフチェーン構想を開始すれば、さらなるイーサリアムの価格上昇の後押しとなるでしょう。

 

まとめ

イーサリアムには多くの予想家がポジティブな見解を示しました。

 

今後、イーサリアムの価格が動くポイントは

 

①第4段階「Serenity」に移行するとき

②オフチェーンが実装されたとき

③ERC20トークンのローンチ

 

だと考えられます。

 

Serenityへの移行もオフチェーンの実装も時期は明確には公言されていませんが、どちらも2018年内に行われることが有力です。

 

ERC20トークンのローンチは不定期で行われているので、随時ニュースをチェックすることが大切です。

 

イーサリアムは仮想通貨市場を牽引する立場であるため今後も目が離せません。

 

仮想通貨の投資には
やっぱり情報が大切
LINE@には仮想通貨投資に
役立つ情報がいっぱい

ようこそ
MURA公式LINEアカウントへ

LINE@では今後の価格予想や、気になるICO銘柄、 最新の仮想通貨ニュースを随時配信しています。
PCよりこのページをご覧の方は
下記のQRコードよりLINE@にご登録ください。
※本サービスはLINEの使用(スマートフォン版のみ対応)が必須です。LINE@の解除はいつでも簡単に行っていただけますのでご安心ください。大倉クリプトゼミナールという名前で追加されます。

メールでも情報を受け取れます

※必須お名前(苗字のみ)
※必須メールアドレス
  • ※メルマガの解除は、いつでも簡単に行っていただけますのでご安心ください。
  • ※登録された情報はプライバシーポリシーに従って厳重に保護されます。

関連記事はこちら